金銭トラブルは慎重に

金銭トラブルは慎重に

住居ではなく店舗を借りる際の賃貸借契約では、
保証金というお金を支払うケースが存在します。

 

保証金には大きく2つの性質があります。

 

1つは、敷金と似ています。
賃料が支払われない場合や物件の破損したときに、そこから減額されるのです。

 

もう1つは、建設協力金といわれています。
貸主が借主の希望に沿った建物を建設して貸すときに渡されるお金です。

 

建設協力金は、借主に返還されるもので一般的には7~10年が期限とされています。
保証金は権利金と同様に、借主と貸主の取り決めによってその内容が異なってくるため
契約を結ぶ段階で確認しておくことが大切です。

 

賃貸借契約のときに頭を悩ませるのが賃料です。
家賃や土地代は、貸主の思い付きで決定されているわけではありません。
近隣の貸し物件の相場や立地条件、利便性、建物の築年数、
土地の使用用途など様々な要素を勘案した結果なのです。

 

土地や建物には、固定資産税がかかります。
公示価格や路線価なども、賃料の参考とする場合があります。

 

民法では、賃料の支払い方法として
貸主の居住地へ直接支払うことを原則としているのをご存知でしたか?
これはあくまで原則なので、銀行引き落としや仲介業者への支払いも認められています。

 

支払方法については、部屋を借りる前に質問しておきましょう。

 

大家さんが取り立てにきてくれると思っていたけど、実は銀行支払だった。
思い込みのせいで家賃を滞納してしまっては、迷惑ですよね。

 

家賃の滞納は、賃貸借契約を解除される一因です。
不必要なトラブルを避けることが、生活環境を安定させるためのポイントになります。